弁護士 長谷川睦(愛知県弁護士会)トップ >>


ようこそ,弁護士 長谷川睦のブログへ

日々思ったこと,皆様のお役にたてる情報などを書いていきたいと思います。


私が所属する事務所のサイトはこちらです。
弁護士法人 心(愛知県弁護士会・三重弁護士会・岐阜県弁護士会・東京弁護士会)




NHK受信料の時効の起算点

今年も残すところ、今日を含めてあと3日になりました。

弁護士業は,どちらかというと年末年始は時間ができることが多いのですが,今年はいつも以上に忙しかったです。

また,2017年をまとめる記事でも書こうかと思い,2017年のニュースとかを見直していたのですが,トランプ大統領の就任が今年の1月だったんですね。

もう,だいぶ前のことのような気がします。

 

さて,今月最高裁で,NHKの受信料について合憲と判断した判決がでました。

合憲とはなるだろうなとおもっていたので,その点に驚きはないのですが,ちょっと変わっているなと思ったのは,

⑴ 意思表示を命じる判決によって受信契約が成立する。

⑵ 受信契約の成立により,テレビ等の受信設備を設置した時からの受信料支払義務が発生する。

⑶ 受信料支払義務の起算点は,受信契約の成立時

と判断した点です。

契約をしないことによって受信料の支払義務を免れる人が生じないように,テレビを設置した後は,契約が成立する前の分についても受信料を請求することができるとした点は理解できるのですが,

過去にさかのぼって受信料の支払義務が発生するという契約を締結するということになるので,少し不思議な気がします。

そして,過去の受信料の支払義務も契約の成立により発生するとしたことにより,時効の起算点も契約成立時と判断しています。

これによって,逆からいうと,NHKの受信料は,契約を締結しない限りは,時効により消滅しないということになります(そもそも,発生していないので,消滅するわけがないということだと思います)。

この判決,裁判等によって強制的に契約を締結することになった場合,その内容がどのようなものになるのかという点について,いろいろと示唆が多いものだと思います。

 

 

最高裁

いろいろなところで話題になっていた,

強制わいせつ罪についての最高裁判所の判決がでましたね。

これまで,強制わいせつ罪の成立については,故意以外に被告人の性的意図が必要とされていましたが,

今回の最高裁では,そのような意図がなくても,強制わいせつ罪が成立すると判例を変更したようです。

判決文をきちんと読んでいないですが,ニュース等を見ると,一律に不要としたわけではないようで,

なかなか複雑な内容のようです。

学生の時,勉強していたことが,弁護士になってからいろいろと変わっていくので,追いついていくためにも日々,勉強していく必要があると感じています。

ただ,これまでも判例の変更や,いろいろ重要な判断を最高裁はやってきていますが,

この判例変更は,前々からかなり話題になっていたような気がします。

身近さでいえば,相続とかの話の方が一般の方がかかわることも多いような気がするのですが,

その時よりもいろいろなところでこの件について目にした気がします。

わいせつ関係の話の方が,ニュースヴァリューがあるのでしょうかね。

 

なかなか,自分がやる事件で,性的意図が問題になりうるような限界事例をあつかうようなことはないとは思うのですが,

油断しないよう,きちんと判決文を読んで勉強しておこうと思います。

 

 

今月

今月は,いろいろありまして結構な忙しさでした。

なるべく効率的にやっていきたいと思うのですが,弁護士業務はやはり依頼者などの人間と向き合う仕事なので,

時間をかけないといけないところには時間をかけざるを得ず,なかなか難しいですね。

 

御嵩の裁判所

昨日は,御嵩の裁判所に行ってきました。

第1回目で相手方も出廷しなかったので,

移動時間に3時間近くかかった割に,滞在時間は20分のみでした。

法律相談

今日は,名古屋法律相談センターでの相談をしてきました。

久しぶりに,事務所以外のところで相談を受けてきたので,なんだか新鮮でした。

事務所に

最近,岐阜の事務所に出張したり,裁判所に行っていることが多いのですが,

今日は、名古屋みなとの事務所に一日中いたので,仕事がはかどりました。

やはり,名古屋みなとの事務所が落ち着きますね。

8月

8月も今日で終わりです。

8月は,裁判所が夏季休廷にはいるので,裁判の期日が少なく,裁判所に行くことも少なかったのですが,

その分,相談や打ち合わせがかなりあり,例年と比べても今年は忙しかったです。

ただ,仕事があるのはありがたいことでもあるので,これまでどおり頑張っていこうと思います。

過払金と相続

暑い日が続いていますね。

 

過払金返還請求権も財産になりますので,相続の対象となります。

ご親族が亡くなられた後に,ご親族名義の借金があるのが分かり、慌てて払ってしまったという場合,借り入れをしていた相手等によっては過払金が発生している可能性があります。

ただ,相続がからんでいると,通常の場合と比べると少し手続きが面倒くさい場合があります。

弁護士法人心では,相続の場合も含め過払金の相談は無料で承っております。

まずは,フリーダイヤル(0120-41-2403)までご連絡ください。

 

借金の時効

消費者金融や銀行からの借金の時効は原則,最後に払った時から5年になります。

ただ,5年を過ぎたとしても,判決を取られてしまうと,以降時効を主張することはできなくなってしまいます。

裁判所から訴状が届いた段階で対応すれば,まだ,裁判上で時効の主張をすることはできます。

昔借りていて,忘れていたようなところから訴えられた場合は,

早めに弁護士等に相談されるのがよいと思います。

過払金の時効

過払金の時効は,原則,取引終了から10年です。

最近,ご依頼を受けても,時効で回収できないという件が増えてきたように思います。

昔,消費者金融等から借りておられたことがある方は,過払金が発生していることもありますので,

お早めに弁護士等にご相談されるのがよいと思います。

1234567891011

関連リンク集 目次   
相互リンク集 目次